静かな奇跡を起こす超意識♪

願望実現、精神世界、恋愛、美容、健康、趣味の写真など綴っていきます

誰かの思考の中で生きている?

 

私たちは、生まれた時はなんの概念もなく真っ白な状態で生まれてきます。

それがまず、育ててもらってる人の思考が徐々に植え付けられ、それがあたかも当たり前のように錯覚を覚えます。

幼少期に、他所の家に行ったとき、自分の家と勝手が違うことに驚くことはよくあることだと思います。

家の中という狭い環境の中のことが世の中全てがそうだと信じています。

少しずつ外の世界へ目を向けれるようになると家と外の世界は違うものなんだと認識してきます。

そして、学校という狭い世界へ通うようになると、その狭い世界でしか、ものごとを判断できなくなって来ます。

家の中では親の言うことが当たり前。学校へ行くと先生の言うことが当たり前。これが正しいと錯覚を起こします。

それに加え、テレビや新聞などを見ることにより様々な概念が植え付けられます。

テレビの情報は正しい。テレビが言ってたから。新聞に載ってたから。

 

実際、その現場を見ていなくてもテレビで流れる映像でそのことを知ることができます。それが真実だと。。

映画やドラマは実によくできています。

実際に起きていないことも映画やドラマで創作し演じることで、その世界に引き込まれていきます。でも、それは"作られたもの"だと認識しています。映画やドラマだから。

 

しかし、よく考えてみると、テレビで報道されている映像も創ることが可能です。

創られた映像をニュースとして報道してしまえば嘘で本当のことになってしまいます。

でも...そんなことするわけないでしょ!!

と一般的には思ってしまいます。

そうです。まともな考えならそんなことするわけないのです!

 

"切り抜き"という言葉を聞きます。

一部分だけ切り抜き、それが事実のように。。

 

このように私たちは様々な概念を植え付けられ、一般的に"正しい"ということ何も疑わず皆それに従います。

疑問に思ったとしてもそれが自分にとって正しい考えなのかどうか自信もなく、周りの目が氣になり、人と違う意見、行動を取ることができにくくなっています。

 

これは、義務教育で幼少期に"右にならえ"という言葉が無意識に潜在意識に植え付けられているなぁと感じます。

同じ制服、同じランドセル、同じ給食、皆んな同じ!

皆、同じにできないと劣っている。

この思考がずっと続いていきます。

 

親になり子どもを産むと、よその子のようにお乳を飲まない!歩くのが遅い!喋るのが遅い!

マニュアル通りの子育て。

これって本当かな?

 

すべて周りと比較し、周りが氣になり生活している。

現在も皆んなマスクをしています。

ワクチンも接種しています。

テレビが言ってるから!何の疑いもなく。

厚労省はマスクもワクチンも強制でないと言ってるけどね。(電話で問い合わせして聞きました!)

 

人の目を氣にする思考で生きていると本当の自分の人生を歩むことができるのかな?

 

この世界は、とてもよく創られた世界だなと最近思います。

 

「群衆心理」という本を書いたル・ボンが指摘している言葉。

1.群衆は衝動的で動揺しやすく興奮しやすい

2.群衆は暗示を受けやすく物事を軽々しく信ずる

3.群衆は感情が誇張的で単純である

 

群衆の精神に思想や信念を染み込ませるには

1.断言 論証もなく無条件に断言することは、精神、思想を染み込ませるのに確実な手段。

2.反復 反復された事柄は無意識の深層部に刻まれる。

3.感染 ある断言が十分に反復され、その物事が形作られれば、強力な感染作用が群衆の間に働き始める。

 

 

群衆の中に埋もれるのではなく、一人一人が自分という一人の人間として、皆と同じではなく、それぞれの個性があることを認識し認めることで、とても生きやすい世界になると思います。

群れから外れることを恐れ、誰かに何か言われることを恐れ、群衆の中に埋もれたまま自分がどこにいるのか、どこに向かって進むのか自分の意思に関係なく、ただそれに従うだけの人生で終わらせるのか。。。

 

これからは世界統一をしようと思っているようです。

それの始まりがコロナパンデミック

このパンデミックに向けて何十年も前から準備されて来たんですね!

コロナを言い始めてから3年が経とうとしてるけど、最初からの流れを冷静にもう一度振り返ってみると、おかしなことがたくさんあります。

それがこの世界だということを認識すると、もっと自分の生き方を大切にしないといけないなぁと思います。

 

でも、何を選択するのも自由。

自分が生きたいと思うことを選択して生きて行きたいですね。